サステナビリティに関する方針・体制

サステナビリティ基本方針

私たちKONOIKEグループは企業理念に「『人』と『絆』を大切に、社会の基盤を革新し、新たな価値を創造します」を掲げ、これを「私たちの使命」としています。
サステナビリティを巡る課題に取り組む際にも、この理念の実践を通じて、お客様・従業員・株主・地域社会といったKONOIKEグループを取り巻く多様なステークホルダーの幸福と安全で安心な社会の実現を目指します。

  • 1.私たちKONOIKEグループは、鉄鋼・化学などの素材製品や、飲食料品・日用品などの一般消費財の生産業務請負・物流業務から、空港・メディカル関連におけるサービス業務請負まで、多岐にわたる業界・業種における事業活動を通じ、人々が安心して社会生活を送るうえで不可欠な役割を担い、その責任を全うしてまいります。
  • 2.私たちKONOIKEグループは、「安全」そして「品質」が最も重要なものであるという価値観を全員が共有しています。お互いの無事を願う「ご安全に」という言葉が自然に、かつ、日常的に交わされる企業風土がこの価値観の共有を表わす一例です。「安全」「品質」の担保は、労働災害・車両事故・品質トラブル等の負の事象を回避することはもちろん、かけがえのない「命」を守ることに他なりません。加えて、安定的な生産活動の維持や絶え間ないサービス提供が可能となり、お客様や私たちにとっての価値向上、ひいては社会全体の生産性向上にも資する中核的な要素と考えています。
  • 3.私たちKONOIKEグループは、新技術・DXを活用し、変化する社会のニーズに即した新たな貢献領域を探索し、課題解決に取り組み続けてまいります。
  • 4.KONOIKEグループの付加価値の源泉は「現場」であり、そこで働く「人」です。またこれまで培ってきたステークホルダーとの信頼関係が「絆」であり、かけがえのない無形資産です。企業理念に謳う「『人』と『絆』を大切に」を具現化するためにも、人権尊重はもとより、ダイバーシティ推進や、教育・育成をはじめ人的資本への投資を重視してまいります。
  • 5.私たちKONOIKEグループは、サステナビリティを巡る課題への対応に際して、リスクの低減のみならず収益機会として捉えることが重要と認識し、中長期的な企業価値向上に向けて、技術開発をはじめとした知的財産への投資や事業ポートフォリオ戦略などの取り組みを進めてまいります。
  • 6.私たちKONOIKEグループは、経済活動によって引き起こされる気候変動の影響を低減するため、省資源、省エネルギーに努めるとともに、再生可能エネルギーの導入などの脱炭素に向けた取り組みを積極的に進めてまいります。事業活動を通じ、環境負荷低減に貢献するよう積極的に取り組むとともに、技術導入や性能向上を進め、地球温暖化防止ならびに資源循環型社会の形成に貢献してまいります。

制定日:2021年11月19日

代表取締役会長兼社長執行役員 鴻池 忠彦

サステナビリティ委員会

オブザーバーとして監査役(常勤)、委員長(取締役会で選任)、副委員長(経営企画本部長、総務本部長、経営品質本部長、営業本部長)、委員(管掌役員、各本部長、各部会長)の下に、5の部会(内部統制部会(部会長:財務経理本部長)、リスクマネジメント部会(部会長:総務本部長)、情報セキュリティ部会(部会長:ICT推進本部長)、コンプライアンス部会(部会長:経営品質本部長)、環境部会(部会長:経営品質本部長))を設置しています。
  • 委員会は、必要に応じ部会を新設・改廃する権限を有する。