社長ご挨拶

「人」と「絆」を大切に、社会の基盤を革新し、新たな価値を創造してまいります。

創業以来百数十年の時を刻んできた私たちの歩みは、「人」と「絆」を大切に、お客さま企業や社会の基盤を支え、革新への努力を続けてきた歴史です。その結果、現在では、社名の由来となっている物流だけでなく、幅広い事業領域において多くのお客さまからの信頼をいただいてます。

しかし、どの事業においても、私たちが最も大切にしているのが「現場の力」であることに変わりはありません。私たちが手掛けるあらゆる現場では、一人一人が家族や仲間を想い、誰よりも安全に高品質なサービスをお届けすることを心掛け、お客さまや社会の期待を一歩ずつ超えていこうとする不断の努力があります。日々革新を目指す、一人ずつの熱い気持ちが積み重なった集合体、それがKONOIKEグループなのです。

「期待を超えなければ、仕事ではない」―グループ共通のブランドプロミス「私たちの約束」としてこの言葉に込めた想い、それは、一世紀以上にわたって次の時代をつくってきた私たちの覚悟です。これまでの価値観が、根底から覆されるほど変貌していくこれからの日本の社会から、本当に信頼され、愛され、この先の百年も存在価値のある、魅力的な企業グループであり続けるために。一歩でもお客さまの期待を超えられているか。昨日までの自分を超えているか。そんな一人一人の強い気持ちを一つにして、KONOIKEグループ独自のさらなる魅力をご提供し続けていきたいと考えています。

2013年の東証第一部上場、2020年の創業140周年という節目を経て、次の時代へ。
これからのKONOIKEグループに、どうぞご期待ください。

代表取締役会長兼社長執行役員 鴻池 忠彦