人材育成・従業員の教育

研修センターでの人材育成

お客さまの価値創造パートナーとしてお客さまに安全・安心な品質を提供し、企業の健全な発展をサポートし続けることが、社会への貢献につながり、KONOIKEグループにとっての社会的責任であると考えております。
KONOIKEグループでは、各種の安全・品質・技能の研修を行い、現場が必要とするスキル・技術・資格を取得することのできる2つの研修センター(鴻池テクノ研修センター・安全品質研修センター)を設立しております。
社員一人一人が「物流会社の一員」として、そして「ものづくりソリューションの会社の一員」として技術のプロフェッショナルとなり、国内外問わず広く社会に通用できる人材育成のための教育を行っております。

研修センターの目的

いかなる現場でも社会およびお客さまからの信頼を第一とし安全・安心にこだわる「プロフェッショナル集団」を目指します。
徹底的に現場に即した安全および品質の知識や技能の習得と資格の取得といった、ニーズに即した研修カリキュラムで、現場力の高い人材を育成します。

  • 現場技術に長け、教育もできる人材の育成
  • 現場力向上による安全・品質の保証
  • 現場における技術的課題の解決や改善

(1)鴻池テクノ研修センター

具体的な研修内容

保全教育の基本、応用の学習

様々な設備、教材を活用し、保全について実技実習を行います。

  • 1.取り扱う機械の構造、原理を学ぶ

    カットモデル(断面模型)

  • 2.工具の安全な使い方、管理方法を学ぶ

    工具類の姿置き(定位置・定数管理)

  • 3.設備の保全作業の基礎を学ぶ

    段ボール箱組立機

  • 4.国家資格の機械保全技能士(機械,電気)

    電気2級の受験対策実習風景

特別教育

国で定められた規程に基づき講義、実習を行い、下記の特別教育修了証を発行します。

  • アーク溶接等作業
  • 酸素欠乏等危険作業
  • 自由研削砥石の取替及び試運転
  • 低圧電気の取扱い

工程管理教育

生産工程を管理する上で各現場のリーダーに必要な知識、手法を身につけます。

  • 請負の基本
  • 労働基準法、労働安全衛生法
  • 改善の進め方
  • トラブル解析の進め方
  • QC7つ道具
  • 加工点解析
  • 品質保証の概論
  • チェックシートの重要性
  • 流通加工作業の基本
  • 中味調合部門の基礎

など

  • 流通加工作業の基本

  • 挟まれ巻き込まれ危険体感機による疑似体感

様々な研修設備

  • 1.ボトル搬送ライン

  • 2.様々な電動工作機械(工作実習室)

  • 3.流通加工ミニライン

  • 4.挟まれ巻き込まれ危険体感機

(2)安全品質研修センター

具体的な研修内容

  • 管理監督者などに対する安全教育
  • 職長、作業者などに対する安全教育
  • フォークリフト運転技能向上教育
  • その他法定教育
  • フォークリフト運転技能講習

  • 適性診断受診風景