MacroAsia Airport Services Corporation

フィリピン国内で最大級のグランドハンドリング事業を展開。
MacroAsia Airport Services Corporationは、安全性・品質・定時運行・国際基準の順守において最高の空港グランドハンドリングサービスの提供をお約束します。

MacroAsia Airport Services Corporation(MASCORP)は、1997年4月にMacroAsia Corporation(MAC)の子会社として設立され、1999年4月よりニノイ・アキノ国際空港(NAIA)にて商業運転を開始。2019年11月にKONOIKEグループの一員となりました。

ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)をはじめ、フィリピン国内23の拠点空港にて旅客サービス、航空機地上支援、航空貨物・手荷物などの各種サービスを提供する、フィリピン国内で最大級の空港グランドハンドリング会社です。

本社住所 3rd Floor Bldg. A., Skyfreight Center, Ninoy Aquino Avenue, Brgy. Sto. Niño, Parañaque City 1704, Philippines
電話番号 +632-8878-5001
代表者名 Joseph T. Chua
設立年月日 1997年(平成9年)9月12日
従業員 4,274名(2020年7月1日時点)
資本金 125,000,000 フィリピンペソ
事業内容 空港グランドハンドリング

一覧に戻る