KONOIKE GROUP

[ RECRUITING SITE ]

KONOIKEグループの目指す未来

Section 01 2030年の目指す姿

KONOIKEグループは、今後の更なる事業環境の変化に対応すべく、
また持続的な成長を続けられるよう経営ビジョンと2030年の数値目標を定めております。

売上高
事業本部数
営業利益率
ROE(自己資本利益率)
私たちの目指す姿(経営ビジョン)
KONOIKEグループの本質価値は、
これまでも、これからも、
「現場」にある。
人々が心身ともに豊かに働く場を提供し、
“人の絆”と“実践力”を磨くことで生まれる
優れたサービス力で
豊かな企業価値を創出し、
社会に貢献し、愛される企業になる。

Section 02 中期経営計画(2019年3月期~2021年3月期)

2019年3月期から2021年3月期を対象とした中期経営計画は、
「2030年に向けた『確固たる基盤づくり』の期間」と位置づけ。

以下の「5つの具体的な取り組み」を重要な施策と考え、
「2030年ビジョン」の実現に向けたステップとして、計画を実行していきます。

Section 03 具体的な事例

空港事業で
グローバルな人材を育成・確保
フィリピンのグランドハンドリング事業者である「MacroAsia Airport Services Corporation」に出資し、外国人技能実習生の受け入れや育成規模を拡大。当社と提携することによる人材育成の強化や、ノウハウの共有などのシナジー効果にも期待している。
インドで
自動車鉄道輸送事業に参入
2019年4月に設置したインド統括本部。
鉄道輸送やメディカル事業の市場開発も進める。
ページの先頭